ケチで自分文献位な悪い彼女とお離婚しようかプラン中

ケチで自分書物位な最低彼氏と出逢ったのは、ぼくが17才(ハイスクール3年命)のときのことでした。当時、インターネットでチャットにハマっていて、たまたまチャットした対象だ。その時は、ただのネットでの気の知れた友人という感じで…会うことも考えていなかったのですが、バレーボールが拒否という私のために、わざわざ遠方からぼくを練習しにやってきてくれました。元バレーボール部だった恋人のおかげで、少しはバレーボールが賢明になったぼくでした。最初は、ケチですとか自分書物位とは思わなかったのですが、巡り合う回数がかかるたびに恋人のパーソナリティーが明らかになったのです。ぼくが恋人からの電話に気づかなければ「浮気してたんやろう!?」と責め、「気の知れた友人と会っていらっしゃる」というと、「電話代わって」や、「気の知れた友人の写メ送れ」と言ってきました。体の関係を求めてきたときも「今日は気持ち分ではない」と言うと「帰る」などと言い、元来ぼくが折れて、気持ち分では無い時でも旅館に行くことになったりしました。イヤリングを付けてきた時に、人間気の薄いところで、今回で言ういわゆる壁面ドンをされ、イヤリングが落ちてしまった時に「イヤリングが落ちた」と言っても「こんなもんさがさんでええ」と言い、探してくれませんでした。昼食お代を浮かすために、ぼくに弁当を作らせ、挙句の果てには「料理不向きやな」と言われました。テレフォン電話に紳士の人間の審査があると、親子以外はなくすように言われ、その場で消されました。さすがにこんなことが何度も重なると反感がさし、自ら分かれを切り出しました。後から「もう一度やり直してくれないか」と電話がかかってきましたが、もうムリでした。未だかつてこれ以上凄い恋人には出会っていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です